株式会社アドバンス

特定技能

特定技能制度について

特定技能制度とは、中小・小規模事業者をはじめとした深刻化する人手不足に対応するため、14分野において、一定の専門性・技能を有し即戦力となる外国人財を受け入れる制度のことです。

登録支援機関とは、特定技能1号の外国人に対して、在留中に安定的・円滑な活動を行うことができるようにするための職場生活上、日常生活上又は社会生活上の支援を、受入れ企業(特定技能所属機関)から委託を受けて、受入れ企業に代わって実施する機関です。

当社は法務省による登録支援機関の認定を受けており、受入れ企業様の代わりに特定技能者へのサポート支援や申請業務などを行います。

登録支援機関登録番号:19登₋000040

アドバンスのサポート支援

当社では特定技能者に対し、ベトナム語、中国語、英語でのサポートが可能です。日本語授業をはじめとする生活面のサポートやビザ申請代行も行っております。

定期面談

特定技能者に対して定期的な面談を行い、プライベートも含めサポートしております。

毎月ヒヤリング

定期面談

日本語授業

日本で特定技能人財がさらに活躍するために、個々の能力に応じた日本語を学ぶ機会を提供しております。

日本語教育

日本語授業

マンスリーレポート

特定技能者へのサポートなどをまとめた報告書を毎月企業様にお送りします。

交流イベント

仕事の場だけでなく、日本文化を体験できる日帰り旅行や懇親会などを定期的に実施し、日本の魅力をさらに感じてもらいます。

文化体験

日帰り旅行

特定技能者数(登録支援機関としてサポート中)

人数:3名(令和2年12月現在)