株式会社アドバンス

介護人財教育プログラム

介護人財育成プログラム

当社は、日本の深刻な介護人材不足に対応できるよう、ベトナムの大学と提携し、高度な介護人財の育成に取り組んでおります。当プログラムを通じて日本及びベトナムの介護業界が抱えている課題に対応できるグローバル人財の育成を目指しております。

提携大学について

タンドン大学(University of Thanh Dong, Vietnam)は、ベトナム北部ハイズン県に位置する、看護、栄養、介護をはじめとした15の専攻を擁する私立大学です。

健康管理及び看護患者に関する専門知識の教育機関として評価されています。

提携大学

プログラム概要

日本式介護教育

日本の介護技術を提供するため、現地大学の設備環境を整え、介護教育を行っております。

日本語教育

日本式介護教育

介護の勉強だけでなく、日本で働くため、日本語能力試験N4レベルに合格できるよう、専任教師が在駐し教育を行っております。

日本式介護教育

オリジナル教材・教案

当社とタンドン大学でオリジナル教材を共同開発いたしました。
特徴としては日本の介護施設でのノウハウを取り入れ、現場の課題に答える教育を積極的に行っております。

オリジナル教材・教案

アドバンスの強み

  • 日本式介護及び基礎医療知識を学んだ人財の確保
  • 徹底した日本語教育の実施(6ヶ月間計567時間)
  • 現地の採用面接から来日入社まで一貫とするサポート
アドバンスの強み

プログラム参加人数

1期生:6名→2021年春頃卒業予定
2期生:7名→2021年夏頃卒業予定
3期生:募集中→2021年冬頃卒業予定(令和2年12月現在)